完全無料TOEICアプリのおすすめ7選を975点が厳選して紹介!

今回はTOEIC975点の私が過去に使ってきたアプリの中から、「完全無料」で使えるTOEICアプリを7つ厳選して紹介します。

  • 無料で使えるTOEICアプリが知りたい
  • スキマ時間にサクッと勉強できるアプリを見つけたい
  • まずは無料アプリを使って気軽にTOEIC対策したい

と言う方は必見です!

これだけは先に言わせてください。本気でTOEIC対策するなら絶対に有料アプリを使うべきです。無料アプリだと効率が悪すぎるからです。この点については記事後半「完全無料のTOEICアプリは限界がある」で詳しく解説します。
本記事の信頼性
筆者のTOEICスコアは975点(リスニング495、リーディング480)です!(大学3年時取得)
TOEICスコア リスニング495 リーディング475 計975

完全無料のおすすめTOEICアプリ7選

さっそく完全無料で使えるおすすめのTOEICアプリを7つ紹介します!

Santaアルク

Santaアルク

 

Santaアルク」は無料でTOEICのスコア診断や問題の解き方に関する講義の受講ができるアプリです。

完全無料プランだと一部機能が制限されますが、それでも本気でTOEIC対策するなら絶対に使うべきなので紹介します。

 

Santaアルク スコア診断の結果と講義受講の画面

スコア診断の結果と講義受講の画面

テン
私のTOEICスコアは975点ですが、初めてのスコア診断の結果は915点でした。全問正解なのにスコアが伸び切らなかったのは「解答時間なども含めてスコアを評価しているからかな?」と思っています。何度か受ければスコア診断の精度はどんどん上がっていきます。

 

Santaアルク」の長所は2つあります。

  1. 12問の問題を解くだけでスコアを診断できる
  2. TOEICの学習方法や問題の解き方のコツなどに関する講義を受講できる

先ほど「Santaアルクは本気でTOEIC対策するなら絶対に使うべき」と述べましたが、その主な理由はスコア診断ができるからです。

たった12問の問題を解くだけで、現在のTOEICスコアを高い精度で診断できます。

 

定期的にスコアを把握するをすることは、TOEIC学習においてとても重要です。

というのは、スコアの把握を通じて「今やっている勉強法が効果的かどうか」を判断できるからです。

テン
効果的(スコアが伸びている)であればそのまま続ければ良いですし、効果的(スコアが伸びていない)でないなら何か改善すべきところがあるはずです。

 

一方で、「Santaアルク」の短所は「無料版だと単語学習や問題演習ができないこと」です。

単語学習や問題演習がしたいなら、他のアプリを使う必要があります。

 

とはいえ、無料版でもスコア診断はできます。

 

スコア診断はTOEICのスコアを着実に伸ばすためには必須です。

本気でTOEIC対策するなら「Santaアルク」をぜひ活用してください!

 

\ スコア診断をしてみる! /
Santaアルク

 

トレーニング TOEIC test

トレーニング TOEIC test

「トレーニング TOEIC test」はPart1〜Part7の問題(合計783問)を無料で解けるアプリです。

Part別問題集のほか、目標スコア別(400点、500点、600点、700点、800点)の英単語問題も収録されています。

 

トレーニング TOEIC test 問題演習の画面

問題演習の画面

 

「トレーニング TOEIC test」の長所は4つあります。

  1. 問題数が多い
  2. 復習機能があるため苦手を潰しやすい
  3. シンプルな作りでアプリを立ち上げるとすぐ問題演習に取りかかれる
  4. BGMや効果音、発音の音量調整などを細かく設定できる

 

「トレーニング TOEIC test」の問題数は以下の通りです。

  • Part1:50問
  • Part2:50問
  • Part3:150問
  • Part4:150問
  • Part5:300問
  • Part6:40問
  • Part7:43問

問題数としてはかなり多いので、じっくり問題演習できるのが魅力です。

 

また、作りがシンプルなので、アプリを開いてすぐに問題演習できるのもうれしいポイントです。

アプリの作りが複雑だと勉強を始めるまでに数ステップかかるため、勉強のやる気が削がれてしまいます。

 

トレーニング TOEIC test 広告が多い

広告画面(問題を解くたびに表示される)

 

一方で、「トレーニング TOEIC test」の短所は3つあります。

  1. 広告が多くてスムーズに問題演習できない
  2. 問題が結構難しい
  3. アプリ内の動作がもっさりしていてストレスに感じることも

やはり無料アプリなので、広告は非常に多いです。

テン
問題演習するごとに全画面広告や動画広告が表示されるので、かなり厄介に感じました。集中も途切れてしまいます。月500円で広告を非表示にできるプランもありますが、ぶっちゃけ月500円なら他の有料アプリを使った方が良いです。

 

広告が気にならない方にはおすすめできます。

しかし広告があると勉強の効率がガクッと落ちるので、なるべく短時間でTOEICスコアを伸ばしたいなら有料アプリの利用を検討するのがおすすめです。

TOEIC公式コンテンツ by IIBC

TOEIC 公式コンテンツ by IIBC

「TOEIC公式コンテンツ by IIBC」は公式機関が出しているアプリです。

 

TOEIC公式コンテンツ by IIBC コンテンツ

リスニングのスクリプトと問題演習の画面

 

「TOEIC公式コンテンツ by IIBC」の長所は3つあります。

  1. 70本以上の音声とテキストで会話表現を学べる
  2. 音声の内容やフレーズの意味を問うクイズができる
  3. スクリプト付きだからディクテーションやシャドーイングができる

 

一方で、「TOEIC公式コンテンツ by IIBC」の短所は3つあります。

  1. リーディング対策はできない
  2. クイズの形式が実際のTOEICの問題形式とは異なる
  3. メインコンテンツはTOEICの情報発信だから問題数が少ない

 

「TOEIC公式コンテンツ by IIBC」は、日々のリスニング対策がしたい方やTOEICの情報をまとめて収集したい方におすすめです。

mikan

mikan

 

「mikan」はもともと英単語学習アプリとしてスタートしたアプリで、近年は単語だけでなく問題集なども収録するようになりました。

完全無料プランだと一部機能が制限されますが、それでも十分にTOEIC対策に使えるので紹介します。

 

mikan 単語学習の画面

単語学習の画面

 

「mikan」の長所は3つあります。

  1. 無料で10種類のTOEIC教材が使える
  2. 操作性がとても良い
  3. 広告がほとんど表示されない

 

「mikan」の魅力は、なんといっても無料で以下の10種類の教材が使えることです。(執筆時点の情報)

主に英単語帳がメインですが、スキマ時間にサクッと勉強するのに役立ちます。

  1. 【お試し版】TOEIC対策問題集
  2. TOEIC200点レベル単語帳
  3. TOEIC300点レベル単語帳
  4. TOEIC400点レベル単語帳
  5. TOEIC500点レベル単語帳
  6. TOEIC600点レベル単語帳
  7. TOEIC700点レベル単語帳
  8. TOEIC800点レベル単語帳
  9. TOEIC900点レベル単語帳
  10. TOEIC英単語2500

また、操作性の良さも特筆すべきポイントです。

ストレスフリーにサクサク学習を進められます。

 

一方で、「mikan」の短所は2つあります。

  1. 同じ教材ばかりで飽きる
  2. 単語の学習形式が「英語→日本語」だけで効率があまり良くない
  3. 本格的なTOEIC対策はできない

無料版だと同じ教材を繰り返し使うことになります。

そのため学習が単調になりがちで、しばらく使っていると正直飽きてしまいます。

 

単語の学習形式が「英語→日本語」だけなので、暗記効率がそれほど上がらないのも難点です。

また、問題演習など本格的なTOEIC対策はできません。

 

「mikan」は、「どんな単語が出るのか知りたい」というTOEIC初心者や「スキマ時間にTOEICの単語を覚えていきたい」という方におすすめのアプリです。

Listening for the TOEIC Test

Listening for the TOEIC Test

「Listening for the TOEIC Test」はリスニングに特化したアプリです。

 

Listening for the TOEIC Test 実際の画面

問題演習の画面

 

「Listening for the TOEIC Test」の長所は2つあります。

  1. Part1〜4まで、多数のリスニング問題を解ける
  2. 操作がシンプルで使いやすい

無駄な部分を省き、淡々とリスニングの問題演習ができる構成になっています。

 

一方で、 「Listening for the TOEIC Test」の短所は4つあります。

  1. 解説がない
  2. 話者の英語が訛っていて独特
  3. 話者が男性だけで女性の話者が登場しない
  4. ノイズが入っている

まず、問題の解説がないのでTOEIC初心者には不向きです。

また、個人的には話者の英語が独特でかなり聞き取りづらく感じました。

テン
「TOEICっぽくない英語」でした。

 

さらに、話者が男性だけで、女性の音声の聞き取り練習ができません。

本来なら女性の話者が担当する部分は男性の話者が裏声を使って担当していますが、普通の声と裏声の区別がつかず、問題を解いているとだんだん混乱してきます。

 

「Listening for the TOEIC Test」は外出先でサクッとTOEICのリスニング問題を解きたい方にはおすすめです。

しかし、本番の形式とはやや異なるので、「このアプリだけ」でリスニング対策を完結させようとするのはおすすめできません。

はじめてのTOEIC問題集

はじめてのTOEIC問題集

「はじめてのTOEIC問題集」は、本番より難易度が易しいTOEIC問題を多数収録しているアプリです。

 

はじめてのTOEIC問題集 問題演習の画面

問題演習の画面(練習1)

 

「はじめてのTOEIC問題集」の長所は2つあります。

  1. 問題が簡単で初心者でも使いやすい
  2. 問題数が多い(合計866問)

 

それぞれのPartの問題は以下のような構成になっており、徐々に難易度を上げながら問題演習できるのが魅力です。

  • 練習1:英文表示・音声ゆっくり・設問少なめ(リスニング)、和訳付き・設問少なめ(リーディング)
  • 練習2:音声ゆっくり・設問少なめ(リスニング)、設問少なめ(リーディング)
  • 練習3:本番想定

問題数も多めなので、じっくり演習を積めます。

 

はじめてのTOEIC問題集 広告が多い

問題演習のたびに表示される広告

 

一方で、「はじめてのTOEIC問題集」の短所は3つあります。

  1. 広告が多すぎてスムーズに問題演習できない
  2. 設問が少ないなど問題構成は簡単になっているものの、問題文が長く難しいので英語初心者は使えない
  3. リスニング音声にノイズが入っていることがあった

まず、広告が多すぎます。

アプリを開くor問題を1セット解くごとに広告(動画広告もあり)が表示されるので、テンポよく問題演習できません。

 

また、前述のように練習1〜3までステップアップしながら問題演習できる構成になっているものの、問題文自体は普通に難しいです。

英語初心者では理解するのが難しい問題文もたくさんありました。

 

「はじめてのTOEIC問題集」は広告が気にならない方にはおすすめです。

しかし、やはり広告があると学習効率が落ちるので、本気でTOEIC対策するなら広告がない別のアプリを使うべきです。

究極英単語!TOEIC800点突破編

究極英単語!TOEIC800点突破編

「究極英単語!TOEIC800点突破編」はTOEICハイスコアを取るために必須の英単語を収録しているアプリです。

 

究極英単語!TOEIC800点突破編 教材の種類と単語テストの画面

教材の種類と単語テストの画面

 

「究極英単語!TOEIC800点突破編」の長所は2つあります。

  1. 科学的根拠に基づいた効率の良いタイミングで単語が出題される
  2. 動作がスムーズ

「忘却曲線理論」という長期記憶に関する理論に基づいたアルゴリズムにより単語が出題されるため、効率的に英単語を覚えられます。

動作がスムーズでもっさりしていないのも魅力です。

 

一方で、「究極英単語!TOEIC800点突破編」の短所は3つあります。

  1. 広告が多すぎてスムーズに単語テストできない
  2. 解答が表示される時間が短い(音声が読み上げられるとすぐに次の問題に移る)
  3. 単語の訳が変で、一般的でない意味が選択肢に表示される

まず、広告が多すぎます。

アプリを開くor終了を押すor問題を1セット解くごとに広告(動画広告もあり)が表示されるので、テンポよく単語学習できません。

 

また、解答の選択肢のボタンを押した後に意味と例文が表示されるのですが、表示時間が短すぎて意味と例文を十分に確認できません。

テン
さらに、単語の意味が変で「普通は、そうは訳さないんじゃないかな?」と感じることが多々ありました。たとえば「impartial」(公平)には「公明正大な」という普段あまり見かけない訳が与えられています。

 

「究極英単語!TOEIC800点突破編」は広告が気にならない方にはおすすめです。

しかし、ここまで何度も述べてきたように、やはり広告があると学習効率が落ちるので、本気でTOEIC対策するなら広告がない別のアプリを使うべきです。

完全無料のTOEICアプリは限界がある

ここまで完全無料のおすすめTOEICアプリを解説してきました。

しかし、本気でTOEIC対策するなら完全無料のTOEICアプリだけでは間違いなく不十分です。

 

その理由は4つあります。

  1. 広告表示のせいで勉強の効率が悪くなるから
  2. 問題の質が低いから
  3. 問題の形式が本番の形式と異なることがあるから
  4. アップデートが頻繁に行われず、近年のTOEICの難化傾向に対応できていないから

完全無料のアプリの多くはアプリ内の広告収益を運営資金に充てています。

そのため、広告が表示されるのは仕方がありません。

 

しかし、広告があるとテンポよく問題演習したり、単語クイズしたりできないので、どうしても勉強の効率がガクッと落ちます。

 

また、問題の質が低かったり、形式が本番とは異なったりすることが多いです。

質の低い問題・形式が異なる問題を解いても、スコアアップにはなかなか直結しません。

 

さらに、以前と比べて、近年のTOEICは難しくなっています。

しかし完全無料のアプリはアップデートの頻度が少ないため、全体的にTOEICの難化傾向に対応できていません。

 

以上から、完全無料アプリだけでTOEIC対策するのはおすすめできません。

本気でTOEIC対策するなら有料のアプリがおすすめ

本気でTOEIC対策するなら、やはり有料のアプリを使うのがおすすめです。

中でも特におすすめしたいアプリは、スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策です。


 

スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策がおすすめな理由は5つあります。

  1. 中学レベル+TOEIC頻出の語彙を学べる
  2. 20回分の実践問題を解ける
  3. 関先生のTOEICPart別攻略&英文法講義でゼロからTOEIC対策ができる
  4. インプットとアウトプットを交互に繰り返すから学習内容が定着する
  5. AIが「今解くべき問題を出題&苦手な部分を発見」してくれるので効率的に学習できる
テン
どのコンテンツも素晴らしいですが、中でも関先生の英文法講義はとにかくわかりやすくて最高です。無料体験もできるので、ぜひ活用してください!

 

\ 7日間無料体験実施中! /
スタディサプリ ENGLISH

 

まとめ

完全無料のTOEICアプリを7つ紹介しました。

  1. Santaアルク
  2. トレーニング TOEIC test
  3. TOEIC公式コンテンツ by IIBC
  4. mikan
  5. Listening for the TOEIC Test
  6. はじめてのTOEIC問題集
  7. 究極英単語!TOEIC800点突破編

特におすすめのTOEICアプリは、たった12問の問題を解くだけで現在のTOEICスコアを高い精度で診断できる「Santaアルク」です。

スコア診断はTOEICのスコアを着実に伸ばすためには必須なので、ぜひ活用してください!

TOEICの攻略法を徹底的に解説した記事です。僕のTOEIC研究の全てを詰め込みました。効率的にスコアをアップさせたい人は必ずご覧ください。