TOEIC金のフレーズの使い方を975点が徹底解説!【出る単特急】

  • 2024年3月20日
  • 2024年5月1日
  • TOEIC

ご覧いただきありがとうございます!イングルート運営者のテン(SNS:X, note)です!

今回はTOEICの定番英単語帳「金のフレーズ」の使い方を解説します!

本記事の信頼性
筆者のTOEICスコアは975点(リスニング495点、リーディング480点)です!(大学3年時に取得)
TOEICスコア リスニング495 リーディング475 計975

TOEIC単語を勉強するなら金のフレーズがおすすめ!3つの理由

TOEICに頻出の英単語を短期間で覚えたいなら、金のフレーズがおすすめです。

その理由は3つあります。

  1. 目標スコアに合わせて英単語を覚えられるから
  2. 「TOEICで使われている意味」で英単語を覚えられるから
  3. 英単語がどこでどのように使われるのか分かるから

目標スコアに合わせて英単語を覚えられるから

金のフレーズの英単語は以下の4つのレベルに分けられています。

  1. 600点レベル(400単語)
  2. 730点レベル(300単語)
  3. 860点レベル(200単語)
  4. 990点レベル(100単語)

そのため、自分の目標スコアに合わせて必要な英単語だけを勉強できます。

テン
レベル分けがされていない、もしくは曖昧な英単語帳だと「〇〇点取るにはどこまでやれば良いの?」と疑問に思いますよね。金のフレーズなら、明確に「この英単語は〇〇点レベル!」と分けられているので、過不足なく英単語を覚えられます。

「TOEICで使われている意味」で英単語を覚えられるから

多くの英単語は複数の意味を持ちます。

金のフレーズでは、英単語の複数の意味の中から「TOEICの問題文で使われている意味」に絞って掲載しています

 

例えば、”acquire”という英単語。

通常の英文では「獲得する」という意味で使われることが多いですが、TOEICの英文では「(企業を)買収する」という意味で頻出なので、

金のフレーズでは「買収する」という意味が一番最初に来ています。

テン
このように「TOEICではどの意味で使われるのか」を確認できるので、英単語を効率的に覚えられます。

英単語がどこでどのように使われるか分かるから

金のフレーズの中身 左側に日本語訳と穴埋めの例文、真ん中に英単語とその意味、右側に英単語の解説や関連語句、そしてどんな場面・Partで登場するかという構成になっている

金のフレーズの構成(著作権の関係でモザイクかけてます)

TOEIC金のフレーズの見開き左ページには、TOEICに出てきそうな例文が載っています。

そのため、「どのように英単語が使われるのか」が分かります。

 

また、見開き右ページの右側には、英単語の詳しい解説や関連語句・フレーズのほか、「どんな場面やPartでその英単語が登場するのか」が解説されています。

そのため、「どこで英単語が使われるのか」が分かります。

テン
このように「使用されるシーン」を確認しながら英単語を覚えることで、英単語の定着率がアップします。

TOEIC金のフレーズのデメリット

ここまでTOEIC金のフレーズの良いところばかりを紹介してきましたが、デメリットもあります。

それは「特に頻出の英単語」しかしか掲載されていないということです。

 

言い換えれば、「それほど頻出ではないけど重要な英単語」は掲載されていません。

そのとうな「TOEIC金のフレーズでカバーできない英単語」については、「問題演習していてわからなかったら都度調べる」ことで徐々に覚えていくしかありません。

テン
600点以上の英単語をたった「1000語」に絞っているので、これはしょうがないですね。

 

ちなみに、TOEICのスコア別に必要な英単語数は以下だと言われています。

  • 500点:4,000語程度
  • 600点:5,000語程度
  • 700点:7,000語程度
  • 800点:8,000語程度
  • 900点:10,000語以上
テン
これを見ても、やはり1000語だけでは必要な英単語をカバーしきれないことがわかりますね。

TOEIC金のフレーズと銀のフレーズの違い

「金のフレーズ」の姉妹英単語帳に「銀のフレーズ」というモノがあります。

 

著者・構成・掲載英単語数は同じです。

異なるのは「掲載されている英単語のレベル」です。

  • 銀のフレーズ:600点を目指す英単語
  • 金のフレーズ:600点以上を目指す英単語

 

そのため、想定読者も異なります。

  • 銀のフレーズ:300〜500点台の方や基礎英単語を覚えていない方
  • 金のフレーズ:600点以上の方

TOEIC金のフレーズの効果的な使い方

さて、ここからはTOEIC金のフレーズの効果的な使い方を解説します!

テン
大学3年次に975点取った私も実践していた方法です。英単語がグッと覚えやすくなるので、ぜひ参考にしてください!

覚えている英単語と覚えていない英単語を分ける

1000語のうち、すでに覚えている英単語があると思います。

なので、まずは覚えている英単語と覚えていない英単語を分ける作業から始めましょう。

 

具体的には、覚えている英単語にはチェックをつけてください。

覚えていない英単語には何もしないで大丈夫です。

テン
「覚えているか覚えていないか」の判断は、「英単語を見て2秒以内に意味を思い出せるか」を基準に行いましょう。この作業は、30分もあれば終わると思います。

英単語→意味の順で覚える

さて、ここから英単語(チェックのついていない英単語)を覚えていきます。

まずは例文や英単語の解説は置いといて、「英単語とその意味」に絞って暗記していきましょう。

一度に全ての情報を覚えようとすると、かえって暗記の効率が悪くなるのでやめた方が良いです。まずは意味を覚えることを最優先にしてください。

 

「英単語を発音→意味を発音→次の英単語を発音→・・・」というように、スピーディーに進めてください。

スピードの目安は、「見開き1ページ(10単語)を30秒以内」です。

覚えた英単語にチェックをつける

「英単語→意味」で3周したら、またチェックをつける作業です。

覚えた英単語にチェックをつけてください。

 

その後、再度チェックのついていない英単語を「英単語→意味」の順で3周します。

テン
基本的には、「英単語→意味」と「覚えた英単語にチェックをつける」を繰り返していきます。

例文と英単語の解説を確認

今までの作業で9割以上の英単語にチェックをつけられたら、次の段階です。

 

例文(見開き左ページ)と英単語解説部分(見開き右ページの右側)を確認しましょう。

例文で確認すべきことは「どのように英単語が使われるのか」、英単語解説部分で確認すべきことは「どこで英単語が使われるのか」です。

テン
なお、関連語句については無理して覚えようとする必要はありません。「余裕があれば覚える」くらいの認識でOKです。

 

ここまでできれば、かなりの力が身についているはず。

金のフレーズは、いったん出番終了です。

 

あとは実践演習を通じて、金のフレーズではカバーできない重要英単語を覚えていきましょう。

TOEIC金のフレーズを使う時の注意点

TOEIC金のフレーズを使うときは以下の3点を意識してください。

  1. 一度で多くの単語に目を通す
  2. 毎日英単語を暗記する
  3. ときどき見直す

一度で多くの単語に目を通す

「1日10単語確実に覚える」ではなく「毎日100単語ずつ目を通す」という学習法の方が、英単語は圧倒的に覚えやすいです。

テン
一度英単語を覚えたとしても、数日後にはどうせ忘れてしまいます。「反復」することで、長期的に英単語を覚えられるようになります。

毎日英単語を暗記する

毎日英単語を暗記する時間を作りましょう。

英単語を1週間で100つ覚えたいなら、「100単語目を通す」を1週間毎日繰り返してください。

 

また、英単語暗記は夜に行うのがおすすめです。

寝ている間に記憶が整理されるので、英単語が定着しやすくなります。

ときどき見直す

覚えた英単語をずっと覚えられているとは限りません。

一度覚えてから一定の期間が経ったら、もう一度見直して復習しましょう。

テン
だいたい1ヶ月後に見直すのがおすすめです。忘れかけていた英単語を再びしっかり覚えることで、さらに長期間英単語を覚えられます。

TOEICの勉強法

TOEICは勉強法がとても大切です。

勉強法が間違っていると、驚くほどスコアは伸びません。

 

TOEICの勉強は以下のように進めていきましょう。

  1. TOEICPart別の特徴/攻略法を理解する
  2. TOEIC特有の英単語を覚える
  3. 基本英文法を完璧に理解する
  4. 毎日英語を読む習慣を作る
  5. 毎日英語を聞く習慣を作る
  6. 実践的に問題演習する

特に大切なことが「①Part別の特徴/攻略法を理解する」です。

テン
これをやるかどうかで、今後のスコアの伸び方が驚くほど変わってきます。TOEIC対策を始めたら、真っ先にやるべきです。

 

Part別の特徴と攻略法については「TOEIC全パート攻略法+テクニック(単語帳・問題集付き)」で徹底的に解説しています。

スコアを効率的に伸ばしたい方は、必ず参考にしてください。

まとめ

TOEIC金のフレーズの使い方を解説しました。

  1. 覚えている英単語と覚えていない英単語を分ける
  2. 英単語→意味の順で覚える
  3. 覚えた英単語にチェックをつける
  4. ②と③を繰り返す
  5. 9割英単語を覚えたら例文と英単語の解説を確認する
テン
ぜひ参考にしてください!
関連記事

「中学や高校で英単語で覚えてきたからTOEIC対策のためにわざわざ単語帳を購入する必要はないんじゃないの?」と思っている方は多いでしょう。 しかし、TOEICのスコアを効率的に上げたいならTOEIC対策用の単語帳を[…]

TOEIC 単語帳 いらない
関連記事

英熟語帳を購入するべき? そもそもTOEIC対策で英熟語を暗記することって必要?以上のような疑問を持っている方は多いのでしょうか。 結論から言えば、TOEIC対策に英熟語帳は必要ありません。([…]

TOEIC 熟語 いらない

TOEICの攻略法を徹底的に解説した記事です。僕のTOEIC研究の全てを詰め込みました。効率的にスコアをアップさせたい人は必ずご覧ください。