TOEICは20問残しでも800点を取れる!時短のコツも解説

今回は「TOEICリーディングで20問残しても800点取れるのか」を解説します!

  • TOEICのリーディングで時間が足りなくて、どうしても20問残ってしまう
  • 800点を目指しているのに、TOEICの本番で20問残してしまった

という悩みを持っている方は必見です!

本記事の信頼性
筆者のTOEICスコアは975点(リスニング495点、リーディング480点)です!(大学3年時に取得)
TOEICスコア リスニング495 リーディング475 計975

【結論】TOEIC20問残しでも800点は取れる

まず結論から言うと、リーディングで20問残しでも800点は取れます。

ただし、「リスニングで高スコアを取ること」または「リーディングの正答率が極めて高いこと」が条件です。

TOEICの素点・スコア換算方法

TOEIC20問残しで800点を取れることを説明するために、まずは素点とスコアの換算方法を解説します。

リスニング

TOEICリスニングの素点・スコアの換算は以下のようになります。

TOEIC リスニング 素点とスコアの換算表

テン
たとえば81〜85問正解できた場合には、スコアは370〜450点の間になります。

リーディング

TOEICリーディングの素点・スコアの換算は以下のようになります。

TOEIC リーディング 素点とスコアの換算表

よって、20問残しの場合の最大スコアは「415点」となります。(マークした問題は全て正解した場合)

TOEIC20問残しで800点を取るためのシミュレーション

TOEIC20問残しで800点を取るための、現実的なリスニング・リーディングの点数は以下です。

  1. リスニング450点リーディング350点
  2. リスニング425点リーディング375点
  3. リスニング400点リーディング400点

リスニング450点リーディング350点

リスニングで450点を取るために必要な素点は、おおむね86〜95点です。

リーディングで350点を取るために必要な素点は、おおむね70〜80点です。

 

リスニングが得意な方であれば、リーディング20問残しでも十分800点を取れるでしょう。

リスニング425点リーディング375点

リスニングで425点を取るために必要な素点は、おおむね81〜90点です。

リーディングで375点を取るために必要な素点は、おおむね76点以上です。

 

TOEIC Program DATA & ANALYSIS」によると、過去3年間の受験者全体の平均スコアは以下です。

年度リスニングリーディング合計点
2022331277608
2021331279611
2020337282620

このデータから、リスニングとリーディングの平均点を比較すると、リスニングの方が50点ほど高いことがわかります。

よって、リスニング425点リーディング375点というのは、800点を取るために最も平均的な点数構成だと言えます。

リスニング400点リーディング400点

リスニングで400点を取るために必要な素点は、おおむね76〜85点です。

リーディングで400点を取るために必要な素点は、80点です。(20問残しの場合の満点)

 

リーディングで解いた問題が全て合っていれば、リスニングで400点でも合計800点を取れるでしょう。

TOEIC20問残しで800点を取る方法

ここまで読んでくれた方なら想像がついているかもしれませんが、TOEIC20問残しで800点を取る方法は2つです。

  1. リスニングのスコアを伸ばす
  2. リーディングの正答率を上げる

リスニングのスコアを伸ばす

リスニングのスコアが高ければ、リーディングで20問解き残しても十分800点を狙えます。

 

リスニングのスコアを高めるには、4つ方法があります。

  1. 問題文を先読みする
  2. 問題演習を通じてリスニングの問題形式に慣れる
  3. 根本的なリスニング力を高める
  4. 問題を素早く正確に解くテクニックを学ぶ

①・②は言葉通りです。

③については「TOEICリスニングが聞き取れない6つの原因と対策法をL満点が解説」を、④については「TOEIC全パート攻略法+テクニック」をご覧ください。

リーディングの正答率を上げる

リーディングで20問残したとしても、解いた問題の正答率が高ければ800点を取れます。

 

リーディングの正答率を上げるには、2つ方法があります。

  1. 語彙力をつける
  2. 英文法を学習する
テン
英語の基礎力を身につけることが大切です。

TOEICリーディングで時間が足りない時はとりあえず塗ろう

時計を見て「時間が足りないな」と感じた場合、残り2分になったら残っている問題をテキトーに塗りましょう。

 

TOEICは4択なので、テキトーに塗っても単純計算4分の1で正答になります。

よって、20問残っているなら、5問正答数を増やせます。

テン
正答数が5問も増えれば、スコアは20点くらいアップします。

TOEICリーディングの時短のコツ

ここまで「リーディング20問残しでも800点取れるか」という観点でお話ししてきました。

 

確かに、20問残しでも800点は取れます。

しかし、「限られた条件の中でのみ」です。

テン
安定して800点を取りたいなら、解き残す問題は10問以内に抑えたいところです。

 

そのために、以下を実践しましょう。

  • 文法問題をたくさん解いて、正答率と解答スピードを上げる
  • スラッシュリーディングで「返り読み」の癖を無くす
  • 時間配分を決める
  • 1分考えてわからない問題は飛ばす
  • TOEIC全パート攻略法+テクニック」でテクニックを学ぶ
  • 実践演習をして時間の感覚と集中力を身につける

詳しくは「TOEICリーディングで時間が足りない」の対策法を徹底解説」をご覧ください。

TOEICリーディングのおすすめ参考書・教材

ここからはTOEICのリーディング対策をするのにおすすめ参考書・教材を紹介します!

TOEIC全パート別攻略法


私のTOEIC研究をすべて詰め込んでいる記事です。

  • 問題の傾向・形式
  • スコア別の目標解答時間
  • 各Partの勉強法
  • 解答スピードと正答率を同時に上げる問題の解き方とテクニック
  • スコアアップのコツ

など、「これさえ読めばTOEICの対策法が全てわかる!」と自信を持って言えるほど内容が充実しています。

さらに、スコア別の英単語帳やリーディングセクションPart5の文法問題集なんかも付いています。

テン
どの参考書よりも充実した内容になっているので、ぜひご覧ください!

TOEIC 出る単特急 金のフレーズ

TOEIC600点以上を取るのに必要な英単語が1000語掲載されている英単語帳です。

以下のように英単語がレベル分けされており、目標スコアに合わせて頻出英単語を学べます。

  1. 600点レベル(400単語)
  2. 730点レベル(300単語)
  3. 860点レベル(200単語)
  4. 990点レベル(100単語)
テン
語彙力は鍛えれば鍛えるほど、強力な武器になります。覚えられるだけ覚えましょう。

TOEIC 文法問題 でる1000問

TOEICのPart5の文法問題が1049問掲載されている問題集です。

 

とにかく網羅性が高いのが特徴。

Part5の文法問題の正答率と解答スピードを上げるために使ってほしい問題集です。

TOEIC公式問題集

created by Rinker
国際ビジネスコミュニケーション協会

TOEICの実践演習をするのに特におすすめしたい問題集です。

テン
私もいろんな問題集を使ってきましたが、個人的には公式問題集が一番スコアアップに直結すると感じています。

 

「公式」というだけあって本番に近い難易度・形式の問題が掲載されています。

そのうえ、本番と同様のスピーカーが音声の収録を担当しているので、限りなく実践に近い形で問題演習できます。

 

現在、冊子・バージョンは1〜10まであり、10が最新です。

問題集としては価格が少し高いですが、本気でTOEICを勉強するなら最低1冊は持っておきたい問題集です。

TOEICリーディング対策に役立つ学習サービス・アプリ

ここからは、TOEICの学習効率を上げてくれるサービスを紹介します。

Santaアルク

Santa

 

SantaアルクはTOEIC対策をするなら必須級のアプリです。

Santaアルクがおすすめな理由は3つあります。

  1. 無料のレベルテストでスコアを診断できる
  2. AIがひとりひとりに合わせた学習カリキュラムを提案してくれる
  3. 無料プランでも講義・模試(30問)を受けられる

特に注目してほしいのが「①無料のレベルテストでスコアを診断できる」ことです。


たった12問のテストを受けるだけでスコア診断ができるので、定期的に自分のスコアを把握するのに非常に役立ちます。

しかも精度が95%と高いため、診断結果を信頼できるのもポイントです。

 

Santaアルクは、TOEICの勉強をするなら必ず使いたいアプリです。

 

\ スコア診断をしてみる! /
Santaアルク

スタディサプリENGLISH TOEICテスト対策


スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策は、本格的なTOEIC対策ができる学習ツールです。

スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策がおすすめな理由は3つあります。

  1. 20回分の実践問題を解ける
  2. 約580本に及ぶ関先生の英語講義でゼロからTOEIC対策ができる
  3. AIが「今解くべき問題を出題&苦手な部分を発見」してくれるので効率的に学習できる

スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策は、本気でTOEIC対策するなら絶対に使うべき学習ツールです。

 

\ 7日間無料体験実施中! /
スタディサプリ ENGLISH

TOEICに関してよくある質問

TOEICの平均点はどれくらい?

TOEIC Program DATA & ANALYSIS」によると、全体の受験者のTOEIC平均スコアは

  • IPテスト(団体受験)で493点(2022年度)
  • 公開テスト(個別受験)で608点(2022年度)

です。

TOEICは何点からすごい?

一般的に、TOEICは700点以上からすごいと言えます。

周りに自慢できますし、企業からも高い評価を得られるでしょう。

 

また、外資系企業など英語を積極的に使う企業等の場合は、900点以上が高評価の基準になることが多いです。

公開テストとIPテストはどちらを受けるべき?

TOEICには「IPテスト」と「公開テスト」の2つの受験制度があります。

それぞれの特徴を表にまとめると、以下のようになります。

 

IPテスト公開テスト
主催者大学・企業・塾などの団体公式の団体
受験会場各団体による(通いなれた教室などが多い)指定の場所
申し込み所属団体個人
試験方式対面・オンライン対面のみ
試験実施時間各団体による午前:10:20〜12:20 午後:15:00〜17:00
試験日各団体による毎月1回程度(午前午後実施)
土曜日か日曜日
試験問題過去問最新の問題
受験料(税込)4,230円(団体によって異なる場合もある)7,810円
テスト結果の通知対面は約5営業日、オンラインは試験直後3週間後
公式認定証なし(代わりにスコアレポートが届く)あり(受験後30日以内に届く)
履歴書等へのスコア記載可能可能

基本的にはどちらを受けても構いません。

ただし、「公式認定証」の原本・コピーが求められる場合には、公開テストを受ける必要があるので注意しましょう。

まとめ

TOEICリーディング20問残しでも800点は取れます。

ただし、「リスニングで高スコアを取ること」または「リーディングの正答率が極めて高いこと」が条件です。

 

安定して800点を取れるようになりたいなら、リーディングの解き残しは10問以内に抑えたいところです。

今回解説した時短のコツを参考に、リーディングの解答スピードを上げていきましょう!

 

関連記事

今回は「TOEICリーディングで20問残しても700点取れるのか」を解説します! TOEICのリーディングで時間が足りなくて、どうしても20問残ってしまう 700点を目指しているのに、TOEICの本番で20問残してしまった[…]

TOEIC 20問残し 700点
関連記事

今回はTOEIC800点のレベルと、800点を取るための勉強法・おすすめ参考書を解説します。また、800点から900点へ、さらにスコアを伸ばす勉強法についても解説します。  TOEIC800点のレベルが知[…]

TOEIC 800点 レベル 勉強法 参考書 勉強時間 800点から900点

TOEICの攻略法を徹底的に解説した記事です。僕のTOEIC研究の全てを詰め込みました。効率的にスコアをアップさせたい人は必ずご覧ください。