【就活】TOEICはどれを受けるべき?テストの種類と特徴を解説

英語力を客観的に証明できるTOEIC。

認知度も高く、半数近くの企業でTOEICのスコアを参考・要件として取り扱っています。

 

そのため、TOEICで一定以上のスコアを取れれば、就活を有利に進められます。

 

しかし、「いろんな種類のテストがあって、どれを受ければ良いのかわからない」と悩む方は多いですよね。

ということで今回は、就活に活用するために受験すべきTOEICテストの種類を解説します!

本記事の信頼性
筆者のTOEICスコアは975点(リスニング495点、リーディング480点)です!(大学3年時に取得)
TOEICスコア リスニング495 リーディング475 計975

TOEICの受験方式は2つある

まず、TOEICには2つの受験方式があります。

  1. 公開テスト
  2. IPテスト

公開テスト

公開テストは個人で申し込みを行う試験です。

自分で手続きを行い、指定された日時に、指定された試験会場で試験を受けます。

 

公開テストでは「公式認定証」というスコアの証明書が手に入ります。

IPテスト

IPテストは大学等の団体が主催する試験です。

公開テストとの違いは主に6つあります。

  1. 各団体が受験日・試験会場を設定する
  2. 申し込みが簡単
  3. スコアがすぐに分かる
  4. 公式認定証ではなくスコアレポートが発行される
  5. 受験料が比較的リーズナブル
  6. 一部のテストはオンラインでも受けられる
テン
簡単にまとめると、公開テストは個人受験の一般的な試験、開催するIPテストは団体受験の気軽に受験できる試験です。なお、スコアの有効性に違いはありません。

TOEICのテストは5種類ある

主なTOEICのテストは5種類あります。

すべて、公開テスト・IPテストのどちらでも受験できるテストです。

  1. TOEIC®️ Listening & Reading Test
  2. TOEIC®︎ Speaking & Writing Tests
  3. TOEIC®︎ Speaking Test
  4. TOEIC®︎ Bridge Listening & Reading Tests
  5. TOEIC®︎ Bridge Speaking & Writing Tests

それぞれ、簡単に解説していきます。

TOEIC Listening & Reading Test

「TOEIC Listening & Reading Test」はリスニングとリーディングの能力を測る試験です。

一般的に「TOEIC」と言えば「TOEIC Listening & Reading Test」のことを指します。

 

TOEIC Listening & Reading Testのスコアは、就職や転職、キャリアアップや海外赴任など、幅広く活用されています。

 

試験時間は合計約2時間。(オンラインIPテストの場合は約1時間)

問題数はリスニング・リーディングそれぞれ100問ずつで、マークシートで解答します。(オンラインIPテストの場合は合計90問)

 

満点はリスニング・リーディングそれぞれ495点で、合計990点。

受験料は公開テスト7,810円、IPテスト4,230円(団体により異なる場合がある)です。

TOEIC Speaking & Writing Tests

「TOEIC Speaking & Writing Tests」はスピーキングとライティングの能力を測る試験です。

実際のビジネスシーンに即した問題が出題され、「英語でのコミュニケーションが円滑にできるかどうか」を複数の人間が評価します。

 

問題数・試験時間は、スピーキングが11問・約20分間、ライティングが8問・約60分間です。

試験会場(オンラインIPテストの場合は任意の場所)でパソコンとヘッドセットを使用して受験します。

 

満点はスピーキング・ライティングそれぞれ200点。

受験料は公開テスト10,450円、IPテスト9,215円(団体により異なる場合がある)です。

TOEIC Speaking Test

「TOEIC Speaking Test」はスピーキングの能力を測る試験です。

短い時間の中で質問に素早く的確に返答するなど、実務での円滑なコミュニケーション能力を証明するために活用できます。

 

問題数は11問で、試験時間は約20分間。

試験会場(オンラインIPテストの場合は任意の場所)でパソコンとヘッドセットを使用して受験します。

 

満点は200点。

受験料は公開テスト6,930円、IPテスト6,285円(団体により異なる場合がある)です。

TOEIC Bridge Listening & Reading Test

Bridgeテストは「通常のテストに興味があるけど試験が難しそうでまだ自信がない」という英語学習初級者〜中級を対象としたテストです。

「TOEIC Bridge Listening & Reading Test」ではリスニングとリーディングの能力を測ります。

 

試験時間は合計約1時間。

問題数はリスニング・リーディングそれぞれ50問ずつで、マークシートで解答します。

 

満点はリスニング・リーディングそれぞれ50点で、合計100点。

受験料は公開テスト4,950円、IPテスト2,970円(団体により異なる場合がある)です。

TOEIC Bridge Speaking & Writing Tests

「TOEIC Bridge Listening & Reading Test」ではスピーキングとライティングの能力を測る試験です。

 

問題数・試験時間は、スピーキングが8問・約15分間、ライティングが9問・約37分間。

パソコンとヘッドセットを使用して受験します。

 

満点はスピーキング・ライティングそれぞれ50点。

受験料は公開テスト9,370円、IPテスト6,800円(団体により異なる場合がある)です。

IPテストでのみ受験できるテストもある

IPテストでのみ受験できるテストは以下の3つです。

  1. TOEIC Writing Test
  2. TOEIC Bridge Speaking Test
  3. TOEIC Bridge Writing Test

就活に活用するならTOEIC Listening & Reading Testを受験するべき

前述したように、一般的に「TOEIC」と言えば「TOEIC Listening & Reading Test」を指します。

就活でも、多くの企業が求めるのは「TOEIC Listening & Reading Test」のスコアです。

 

そのため、TOEICを就活で活用したいなら、「TOEIC Listening & Reading Test」を受験するのがおすすめです。

 

なお、受験方式について、基本的には公開テスト・IPテストのどちらでも構いません。

ただ、企業によっては公開テストでのみ受け取れる「公式認定証」の原本・コピーの提出を求める場合があります。そのため、不安な方は公開テストを一度受験しておくと安心です。
テン
その場合、受験料が安く気軽に受けられるIPテストで試験形式に慣れつつ一定以上のスコアを確保して、最後に公開テストを受験するのがおすすめです。

就活で使えるTOEICスコア

ここからは就活で使える「TOEIC Reading & Listening Test」のスコアを解説します。

600点以上なら履歴書に書ける

一般的な企業・業態・業種であれば、600点以上のスコアなら、履歴書に書いて英語力をアピールできます。

なぜ600点が基準になっているかというと、TOEICの平均スコアが約600点だからです。

 

TOEIC Program DATA & ANALYSIS」によると、公開テストの学生の平均スコアは588点、社会人の平均スコアは638点です。

つまり、大学生なら600点以上で「平均以上の英語力を持つ」と証明できることになります。

700点以上なら英語力で差別化できるから就活を有利に進められる

700点以上のスコアなら、英語力で他の就活生と差別化できます。

そのため、さらに就活を有利に進められます。

800点以上なら英語を使う業界に応募できる

800点以上のスコアなら、外資系企業など、英語を積極的に使う企業・業態・業種にも応募できます。

さらに900点以上のスコアを取れれば、そのような業界で就活する場合でも、堂々と英語力をアピールできるでしょう。

初めて受験するなら500点を目指そう

TOEICは形式が特殊で難しい試験なので、初受験で就活で活用できる600点以上を取るのは簡単ではありません。

まずは500点を目指しましょう。500点取れれば、600点、700点と順調にスコアアップできます。

TOEICの勉強法

TOEICの勉強は以下のように進めていきましょう。

  1. TOEICPart別の特徴/攻略法を理解する
  2. TOEIC特有の英単語を覚える
  3. 基本英文法を完璧に理解する
  4. 毎日英語を読む習慣を作る
  5. 毎日英語を聞く習慣を作る
  6. 実践的に問題演習する

特に大切なことが「①Part別の特徴/攻略法を理解する」です。

テン
これをやるかどうかで、今後のスコアの伸び方が驚くほど変わってきます。TOEIC対策を始めたら、真っ先にやるべきです。

 

TOEIC全パート攻略法+テクニック(単語帳・問題集付き)」で解説しているので、必ずご覧ください。

おすすめのTOEIC学習サービス

ここからは、TOEICの学習効率を上げてくれるサービスを紹介します。

Santaアルク

Santa

 

SantaアルクはTOEIC対策をするなら必須級のアプリです。

Santaアルクがおすすめな理由は3つあります。

  1. 無料のレベルテストでスコアを診断できる
  2. AIがひとりひとりに合わせた学習カリキュラムを提案してくれる
  3. 無料プランでも講義・模試(30問)を受けられる

特に注目してほしいのが「①無料のレベルテストでスコアを診断できる」ことです。


たった12問のテストを受けるだけでスコア診断ができるので、定期的に自分のスコアを把握するのに非常に役立ちます。

しかも精度が95%と高いため、診断結果を信頼できるのもポイントです。

 

Santaアルクは、TOEICの勉強をするなら必ず使いたいアプリです。

 

\ スコア診断をしてみる! /
Santaアルク

スタディサプリENGLISH TOEICテスト対策


スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策は、本格的なTOEIC対策ができる学習ツールです。

スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策がおすすめな理由は3つあります。

  1. 20回分の実践問題を解ける
  2. 約580本に及ぶ関先生の英語講義でゼロからTOEIC対策ができる
  3. AIが「今解くべき問題を出題&苦手な部分を発見」してくれるので効率的に学習できる

スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策は、本気でTOEIC対策するなら絶対に使うべき学習ツールです。

 

\ 7日間無料体験実施中! /
スタディサプリ ENGLISH

まとめ

今回はTOEICの受験方式とテストの種類を解説しました。

就活でTOEICを活用するなら「TOEIC Listening & Reading Test」を受けましょう!

TOEICの攻略法を徹底的に解説した記事です。僕のTOEIC研究の全てを詰め込みました。効率的にスコアをアップさせたい人は必ずご覧ください。