大学生のTOEIC勉強法とおすすめ参考書を975点が解説!

大学生でTOEICを受験しようと考えている方は多いはずです。

しかし、特にTOEICを初めて受験する場合、何から始めれば良いのかわからないと思います。

 

ということで今回は、大学生向けにTOEICの勉強法とスケジュールを解説します!

  • これからTOEICの勉強を始める方
  • 短期間でTOEICスコアをアップさせたい方

は必見です!

本記事の信頼性
筆者のTOEICスコアはこちらです!(大学3年時に取得)
TOEICスコア リスニング495 リーディング475 計975

大学生がTOEICを受験するメリット

大学生でTOEICを受験するメリット、言い換えれば、大学生がTOEICを受験するべき理由は5つあります。

  1. 就活を有利に進められる
  2. 大学院入試で利用できる
  3. 留学やワーキングホリデーで役立つ
  4. 受験の英語力が残っているからスコアが上がりやすい
  5. 勉強時間を確保しやすい

就活を有利に進められる

一般的な企業・業態・業種であれば、600点以上のスコアを取れれば履歴書等で英語力をアピールできます。

また、700点以上取れれば、他の就活生と英語力で差別化できるので、ますます就活を有利に進められます。

テン
なお、外資系企業や海外勤務など、英語を積極的に活用する企業・業態・業種の場合は、800点以上のハイスコアが求められることもあります。

 

就活でTOEICのスコアをアピールする方法は2つあります。

  1. 履歴書やエントリーシートに記載する
  2. ガクチカとしてスコアを伸ばした経験を語る

①は言葉通りです。

一定以上のスコアを記載することで履歴書やエントリーシートでの印象が良くなり、選考を通過しやすくなります。

 

②はあまり知られていませんが、「TOEICスコアアップの経験」をガクチカ(学生時代に力を入れたこと)として語ることも可能です。

例えば以下のような感じです。

私が学生時代に力を入れたことは英語学習です。1年間計画的に勉強したことで、TOEICのスコアを△△点から〇〇点にアップさせることができました。なぜ英語学習に取り組んだかというと、「〜〜」というきっかけがあったからです。目標スコアを取得するためには「〜〜」が不足していると感じたため、「〜〜」をして改善しました。この経験から、「〜〜」ということを学びました。
テン
このガクチカはあくまで一例です。ほかにも、いろいろな切り口から語ることができます。「ガクチカがない!」と焦っている大学生に、TOEICは特にオススメです。

大学院入試で利用できる

大学院によってはTOEICスコアを利用できるところもあります。

そのため、TOEICで一定以上のスコアを取得しておけば、希望の大学院に進学しやすくなるでしょう。

テン
「出願要件の一部」「合否判定基準の一部」「英語試験の得点に換算」「英語試験免除」というように、さまざまな形でTOEICスコアが利用されています。

留学やワーキングホリデーで役立つ

留学やワーキングホリデーに興味を持っている方は多いですよね。

 

TOEICで英語力を身につけておけば、留学・ワーホリのハードルがグッと低くなります。

さらに、渡航後すぐに現地の方々とコミュニケーションを取れるので、留学・ワーホリを通じてより大きく成長できます。

テン
もし英語力がほぼない状態で行ってしまうと、最低限のコミュニケーションすら取れません。また、渡航後に英語の基礎を勉強しなければならないので、時間が無駄になってしまいます。

受験で培った英語力が残っているからスコアがアップしやすい

大学生なら受験からまだそれほど時間が経っていないので、英語力が残っています

そのため、短期間の対策でもTOEICスコアがアップしやすいです。

テン

受験が終わると英語に触れる機会が減っていくので、時間が経てば経つほど、英語力はどうしても落ちていきます。英語力が一度落ち切った状態から勉強し直すのは大変です。

勉強時間を確保しやすい

一般的に、TOEICのスコアを100点アップさせるには「約200〜300時間」かかると言われています。

社会人になってからこれだけの時間を確保するのは簡単なことではありません。

 

そのため、比較的自由な時間が多い大学生のうちにTOEICを受験しておくのがおすすめです。

テン
TOEICのスコアには有効期限がありません。つまり、一度スコアを取ってしまえば、数年後・数十年後でも活用できます。転職等をする際にも役立つでしょう。
追記
2024年4月からTOEICスコアの有効期限が2年と定められました。ただし、提出先の企業が許可する場合は2年以上前のスコアでも利用可能です。

大学生が目指すべきTOEICのスコアは600点以上

就活でTOEICスコアを活用したいなら、600点以上を目指しましょう。

 

とはいえ、最初から600点以上を取ることは難しいです。

そのため、初めてTOEICを受ける場合は、まず500点を目標にするのがおすすめです。

テン
初受験で500点取れればかなり良い感じです。勉強を続ければ600点、700点とどんどんスコアを伸ばしていけます。

大学生の平均スコア

大学生のTOEIC平均点は

  • IPテストで474点(リスニング266点、リーディング161点)
  • 公開テストで588点(リスニング318点、リーディング269点)

です。

TOEICの勉強の進め方|何から始めるべき?

これからTOEICの勉強法を解説しますが、その前に大まかな勉強の流れを紹介します。

TOEICは以下のように勉強を進めていきましょう。

  1. TOEICPart別の特徴/攻略法を理解する
  2. TOEIC特有の英単語を覚える
  3. 基本英文法を完璧に理解する
  4. 毎日英語を読む習慣を作る
  5. 毎日英語を聞く習慣を作る
  6. 実践的に問題演習する

特に大切なことが「①Part別の特徴/攻略法を理解する」です。

テン
これをやるかどうかで、今後のスコアの伸び方が驚くほど変わってきます。TOEIC対策を始めたら、真っ先にやるべきです。

 

Part別の特徴と攻略法については「TOEIC全パート攻略法+テクニック(単語帳・問題集付き)」で徹底的に解説しているので、必ずご覧ください。

大学生のTOEIC勉強法

さて、ここからは大学生のTOEIC勉強法をスコア別に解説します!

テン
スコアごとにやるべきことは異なります。自分のレベルに合わせて勉強法を改善することが、効率的なスコアアップのために重要です。

400点未満

400点未満の場合、中学レベルの英語の基礎ができていません。

 

覚えている英単語が少なく、英文法を正しく理解できていないので、リスニングではほとんどの文章を聞き取れません。

リーディングでも、英文の大まかな意味を理解することすらできていない状態です。

 

そのため、まずは英語の基礎を固めることに注力しましょう。

 

具体的には、英単語と英文法を中学レベルからおさらいしてください。

中学レベルの英語が完璧にできるようになれば、400点を突破できます。

 

また、勉強の戦略として、リーディングに絞って対策するのがおすすめです。

テン
リーディングが全くできないのにリスニングを対策しても意味がありません。まずは基本的な英文を読めるようになることが重要です。

 

400点から600点

400点〜500点台の場合、中学レベルの英語の基礎はある程度理解できています。

 

リスニング・リーディングともに、簡単な問題であれば迷わず正解できるはずです。

しかし、複雑な英文になったり、「意図を推定せよ」というような難易度の高い問題になると、なかなか正答できません。

 

勉強法としては、まずTOEIC特化の英単語帳を使って、英単語を覚えてください。

そして、中学レベルの英文法を完璧に理解しましょう。

テン
なお、TOEICでは難しい英文法の知識が問われることはほとんどないので対策する必要はありません。

 

英単語・英文法の勉強と並行して、3日に1回は実践形式で問題を解くようにしましょう。

 

TOEICは形式が特殊なうえ、試験時間が約120分と長いです。

そのため、実践演習を通じて

  • 形式に慣れること
  • 120分という時間の感覚を身につけること
  • 120分集中する体力を身につけること

が大切です。

 

また、実践演習をすることで、自分の苦手なPartがわかってくるはずです。

あとは苦手なPartを克服するように勉強すれば、着実にスコアがアップしていきます。

テン
Part別の勉強法については先ほども紹介した記事↓で徹底的に解説しているので、ぜひご覧ください。

600点から700点

600点以上を取得できる場合、中学英語はほぼ完璧です。TOEICの形式にも慣れてきているでしょう。

 

勉強法としては、TOEIC特化の英単語帳で語彙力を強化しつつ、リスニング対策を本格的に始めましょう。

テン
TOEICはリスニングの方が簡単で、スコアがアップしやすいです。まずはリスニングで安定して高得点を取れるように勉強するのがおすすめです。

 

リスニング対策として、以下の2つを実践しましょう。

  1. 毎日英語を聞く
  2. ディクテーション

①について、教材は何でもいいので、毎日英語を聞いて耳を慣らしましょう。

テン
おすすめのリスニング教材はTEDです。YouTubeで無料で視聴できて、話が面白いです。しかも、0.5/0.75倍速や字幕表示もできるので、リスニングが苦手な方でも使いやすいです。

 

②について、TOEICのリスニング問題の音声とスクリプトを使ってディクテーションしましょう。

ディクテーションというのは「聞いた音声を一言一句書き取るリスニングトレーニング法」のことで、以下の手順で進めます。

  1. 全文を聞く
  2. 音声を1文ごとに区切って止めながら書き取る(書き取れるまで音声は何度再生し直してもOK)
  3. 再度全文を聞いて、意味を意識しながら書き取った内容をチェック
  4. スクリプトを見て間違いがないかチェック
  5. 間違いがあった場合は聞き取れるようになるまで聞き直す

ディクテーションは2日に1回以上はやりましょう。

700点から800点

700点以上だと、かなり英語ができるレベルです。

 

リスニングなら、8割以上正答できるでしょう。課題は意図推定問題などの難問で安定して正答できるようになることです。

リーディングでも、時間をかければ9割以上正答できるでしょう。課題は試験時間の75分以内に解き切る速読力と解答スピードを身につけることです。

 

リスニングの難問対策としては、テクニックを身につけることが効果的です。

また、ディクテーションとシャドーイングで根本的なリスニング力を強化しましょう。

 

リーディングの速読力を上げるには「音読」が有効です。

問題のスクリプトを最低5回音読しましょう。このとき、英語をいちいち日本語に変換するのではなく、英語のまま理解することを意識してください。

テン
リスニング音声を使ってオーバーラッピング(CDに自分の声を被せて音読する練習法)をするのもおすすめです。

 

また、リーディングの解答スピードを上げるには、Part5とPart6の文法問題をたくさん解くことが効果的です。

1問20秒以内に解けるように、何度も何度も繰り返し問題を解きましょう。

800点以上

800点以上になってくると、リスニングは満点を取れる実力が身についています。

リーディングでも、時間内に解き終えることができるでしょう。

 

800点以上からさらにスコアを伸ばすためにやるべきことは、テクニックを学びつつ、根本的なリスニング力と速読力・解答スピードを伸ばすことです。

 

また、実践演習も大切です。2日に1回は実践形式の問題集を解きましょう。

そして、徹底的に復習して「知らない」「できない」「わからない」を潰してください。

テン
800点以上だと、細かい知識をどれだけ理解できているかの勝負になってきます。地道に頑張りましょう。

大学生のTOEICの勉強スケジュール

就活にTOEICを活用したいなら、遅くても大学2年生から受験し始めるようにしましょう。

そして、就活やインターンが始まる1〜6ヶ月前までには、使えるスコアを取得するのが理想です。

 

また、TOEICは長期間かけてダラダラと勉強するより、短期間で集中して勉強した方がスコアが伸びやすいです。

そのため、本気でTOEICのスコアを伸ばしたいなら、毎日2時間以上は勉強しましょう。

 

TOEICのスコアを100点アップさせるには約200〜300時間必要と言われています。

つまり、毎日2時間勉強した場合、だいたい4ヶ月でスコアが100点アップすることになります。

テン
大学2年の4月に初受験で500点取った場合、毎日2時間勉強すれば、8月頃には600点、12月頃には700点が取れる計算になりますね。さらに勉強を継続すれば、大学3年の春には800点を取れるかもしれません。理想的なスケジュールですね。

 

大学生におすすめのTOEIC参考書/教材

TOEICには参考書や教材がたくさんあるので「どれを選べば良いのか分からない」と悩む大学生は多いですよね。

テン
私もすごく悩みました。しかも価格が高いので、変な参考書を選んで失敗したときのショックは大きかったです。

 

そんな悩みを解決するために、ここからは大学3年時に975点を取った私が特におすすめできる参考書/教材を「2つ」に絞って紹介します!

TOEIC全パート攻略法

「TOEIC全パート攻略法」は、私がTOEIC研究に基づいて作成した教材です。

Part1〜Part7の問題の特徴と解き方、勉強法・攻略法を徹底的に解説しています。

 

しかも、文法解説書や文法問題集、TOEIC頻出英単語集も付いています。

「これさえあれば600点は突破できる!」と思ってもらうために、とにかく内容を充実させました。

テン
「市販の参考書よりわかりやすいし内容も充実している!」と自信を持って言える教材なのでぜひ活用してください!

TOEIC公式問題集

created by Rinker
国際ビジネスコミュニケーション協会

公式が出してる実践形式の問題集です。

 

本番のテストと同じプロセスで作成した問題が2問掲載されています。

さらに、リスニングについても本番のテストと同じ公式スピーカーの音声が収録されているので、実践演習をするのに最適です。

 

公式問題集は、TOEICのスコアを伸ばすために必ず持っておきたい問題集です。

現在、公式問題集は1〜10まであります。購入する場合は必ず最新のものを選ぶようにしましょう。
テン
私もいろいろな問題集を使いましたが、個人的に問題集の中では「公式問題集」が特におすすめです。本番の難易度・形式に近いだけあって、他の問題集で演習するよりスコアが伸びやすいと感じました。

大学生におすすめのTOEIC学習サービス

ここからは、TOEICの学習効率を上げてくれるサービスを紹介します。

Santaアルク

Santa

 

SantaアルクはTOEIC対策をするなら必須級のアプリです。

Santaアルクがおすすめな理由は3つあります。

  1. 無料のレベルテストでスコアを診断できる
  2. AIがひとりひとりに合わせた学習カリキュラムを提案してくれる
  3. 無料プランでも講義・模試(30問)を受けられる

特に注目してほしいのが「①無料のレベルテストでスコアを診断できる」ことです。


たった12問のテストを受けるだけでスコア診断ができるので、定期的に自分のスコアを把握するのに非常に役立ちます。

しかも精度が95%と高いため、診断結果を信頼できるのもポイントです。

 

Santaアルクは、TOEICの勉強をするなら必ず使いたいアプリです。

 

\ スコア診断をしてみる! /
Santaアルク

スタディサプリENGLISH TOEICテスト対策


スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策は、本格的なTOEIC対策ができる学習ツールです。

スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策がおすすめな理由は3つあります。

  1. 20回分の実践問題を解ける
  2. 約580本に及ぶ関先生の英語講義でゼロからTOEIC対策ができる
  3. AIが「今解くべき問題を出題&苦手な部分を発見」してくれるので効率的に学習できる

スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策は、本気でTOEIC対策するなら絶対に使うべき学習ツールです。

 

\ 7日間無料体験実施中! /
スタディサプリ ENGLISH

まとめ

大学生向けに、TOEICの効果的な勉強法を解説しました。

 

TOEICは形式が特殊で難しい試験です。

間違ったやり方で勉強してしまうと、驚くほどスコアが伸びていきません。

 

今回解説した勉強法を実践して、ぐんぐんスコアを伸ばしていきましょう!

TOEICの攻略法を徹底的に解説した記事です。僕のTOEIC研究の全てを詰め込みました。効率的にスコアをアップさせたい人は必ずご覧ください。