TOEICを初めて受ける大学生の勉強法【最初は絶対これやれ】

「TOEIC興味あるけど、何からやれば良いの?」と悩む大学生は多いですよね。

ということで今回は、TOEICを初めて受ける大学生がやるべきことと、目指すべきスコアを解説します。

 

勉強のやり方を間違えてしまうと、TOEICのスコアはなかなかアップしません。

逆に、正しい方法で勉強すれば、TOEICのスコアはどんどんアップしていきます。

 

この記事を参考にして、TOEIC初受験を成功させましょう!

本記事の信頼性
筆者のTOEICスコアはこちらです!
TOEICスコア リスニング495 リーディング475 計975

大学生がTOEICを受験するメリット

まずは大学生がTOEICを受験するメリットを解説します。

英語力をアピールできるから就職活動(就活)で有利になる

最大のメリットは就活で有利になることです。

 

TOEICはビジネスシーンでの英語力を測る試験です。

そのため、企業はTOEICのスコアを「就活生の英語力の指標」として重視しています。

 

よって、TOEICで一定のスコア(おおむね600点以上)を取得できれば、就活の際に英語力をアピールできます。

英語をよく使う職種・企業では、一定のTOEICスコアを取得していることが最低条件になっていることもあります。

 

また、就活の面接やESでは「ガクチカ」(学生時代に力を入れたこと)を語ることが求められます。

大学生のうちにTOEICを勉強することで「私はTOEICの勉強を頑張りました」という「ガクチカ」が手に入るので、就活の時に役立ちます。

テン
特に、「ガクチカなんてないよ!」と悩んでいる大学生には、TOEICの勉強を頑張ってみることがおすすめです。

英語力が身につくから留学やワーキングホリデーで役立つ

大学生になりいろいろなものに触れていく中で、「留学」や「ワーキングホリデー」に興味を持つ人はとても多いです。

 

TOEICを勉強して英語力を身につけておけば、留学やワーキングホリデーに挑戦するハードルがグッと低くなります。

また、ある程度の英語力を身につけた状態で留学等にいくことで、英語力が伸びやすいです。

テン
つまり、留学やワーキングホリデーによって、より成長を感じやすくなります。もし英語力がほとんどない状態で行ってしまうと、最初は全くコミュニケーションが取れませんし、基礎的な英語の勉強をしなければならないため、時間が無駄になってしまうこともあります。

受験の英語力が残っているのでスコアが上がりやすい

大学生なら、大学受験で培った英語力がまだ残っているので、短時間でもTOEICのスコアを上げやすいのもポイントです。

 

受験が終わると、普段の生活の中で英語に触れる機会は減ります。

それに伴い英語力も落ちていきます。

テン
そのため、まだ英語を忘れていない大学生のうちにTOEICを受けるのがおすすめです。

勉強時間を確保しやすい

社会人と比較すると、大学生は自由な時間が多いため、TOEICの勉強時間を確保しやすいです。

 

一般的に、TOEICのスコアを100点アップさせるのに必要な勉強時間は「約200〜300時間」と言われています。

社会人になってこれだけの勉強時間を確保するのは大変です。

 

また、毎日英語を勉強することで、英語力がグッと伸びやすくなります。

社会人になると、休日はまだしも、平日は仕事で疲れて勉強なんてできないということもあるので、英語学習の効率が悪くなりがちです。

テン
そのため、毎日ある程度の勉強時間を確保できる大学生のうちに、TOEICを受験するのがおすすめです。

TOEICを初めて受ける大学生のための勉強法【こうやって進めよう】

さて、ここからはTOEICの勉強のやり方/進め方を解説します。

テン
これから解説する勉強法は大学3年生で975点を取った筆者も実践していた方法です。スコアをぐんぐんアップさせたい人はぜひ参考にしてください!

TOEICのPart別の攻略法を理解する

TOEICにはリスニングセクション(Part1〜4)とリーディングセクション(Part5〜7)があります。

Part1写真描写問題
Part2応答問題
Part3会話問題
Part4説明文問題
Part5短文穴埋め問題
Part6長文穴埋め問題
Part7長文読解問題

それぞれのPartで、問題の傾向や対策方法は大きく異なります。

テン
対策方法を知っておくことは特に重要です。対策方法を知っているかどうかで、今後のTOEIC学習の効率は驚くほど変わってきます。

 

Part別の問題傾向や対策方法については「TOEIC全パート攻略法+テクニック(単語帳・問題集付き)」で解説しているので、必ずご覧ください。

TOEIC特有の英単語を覚える

TOEICは「ビジネスシーンの英語」がテーマの試験です。

大学受験とは異なる「TOEIC特有の英単語」がたくさん登場します。

 

そのため、TOEIC特有の英単語を覚えることがスコアアップのために重要です。

 

おすすめのTOEIC英単語帳は「銀のフレーズ」「金のフレーズ」です。

TOEICに頻出の英単語が1000語掲載されています。

 

英単語を効率的に覚えるコツは3つあります。

  1. 発音する
  2. 反復する
  3. 毎日夜寝る前に覚える

これらを実践するだけで、英単語の暗記効率は圧倒的に上がります。

英文法を勉強する

英単語と同じくらい重要なのが英文法です。

英文法がわからなければ英文を正しく読めませんし、英語音声を正しく聞き取ることもできないので、問題が解けません。

 

また、TOEICでは文法問題が30問以上出題されます。

そのため、英文法をしっかり理解することが大切です。

 

英文法を学ぶなら、「スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策」を利用するのが圧倒的におすすめです。

その理由は3つあります。

  1. TOEICに必要な文法知識をゼロから授業動画で学べる
  2. 関先生が授業を担当しているからとにかくわかりやすい
  3. スマホで動画を視聴できるから通勤通学などスキマ時間に勉強できる

\ 7日間無料体験実施中! /
スタディサプリ ENGLISH

毎日英語を聞く習慣を作る

リスニング対策として、毎日英語を聞く習慣を作りましょう。

おすすめのリスニング教材は「TED」という番組です。

 

聞き取りやすい英語で話していますし、話している内容がとても面白いです。

そのうえ、YouTubeで無料で視聴できますし、日本語字幕/英語字幕を表示できます。

テン
また、「スピードが速いな」と思ったときは「0.5/0.75倍速」にできるので、リスニングがそれほど得意ではない人でも使いやすいです。

毎日英語を読む習慣を作る

リーディング対策として、まずは毎日英語を読む習慣を作りましょう。

 

おすすめの実践形式問題集は、本番の試験の難易度・形式に特に近い問題が掲載されている「TOEIC公式問題集」です。

created by Rinker
国際ビジネスコミュニケーション協会

 

わからない英単語や英文法の知識を調べながら、1日20分以上は英文を読むようにしましょう。

実践的に問題演習する

TOEICは問題の形式が特殊です。

しかも、試験時間が約120分(リスニング約45分、リーディング75分)と非常に長いです。

 

そのため、実践的な問題演習を通じて

  • 時間配分の感覚
  • 問題を解く集中力や体力

を身につけることが、本番の試験で最大限の実力を発揮するために重要です。

 

問題集には、先ほど紹介した公式問題集を使うのがおすすめ。

限りなく実戦に近い形で演習経験を積めます。

 

ただ、公式問題集は価格が3,000円以上と高いです。

「手が出ない…」という大学生は、大学の図書館をチェックしてみてください。

テン
大学の図書館なら、所蔵している可能性が高いです。

TOEICを初めて受ける大学生におすすめの参考書

初めて受ける大学生が使うべき参考書を紹介します!

TOEIC全パート別攻略法


私のTOEIC研究をすべて詰め込んでいる記事です。

  • 問題の傾向・形式
  • スコア別の目標解答時間
  • 各Partの勉強法
  • 解答スピードと正答率を同時に上げる問題の解き方とテクニック
  • スコアアップのコツ

など、「これさえ読めばTOEICのことがバッチリ理解できる!」と自信を持って言えるほど内容が充実しています。

さらに、英単語帳やTOEIC英文法解説pdf、リーディングセクションPart5の文法問題集なんかも付いています。

テン
どの参考書よりも充実した内容になっているので、ぜひご覧ください!

TOEIC 出る単特急 銀のフレーズ

TOEIC500点〜600点を取るのに必要な英単語が1000語掲載されている英単語帳です。

 

TOEICに出てきそうなフレーズ・例文が載っており「英単語が実際にどのような場面で使われるのか」を確認しながら覚えられます。

また、TOEIC・英語初心者が覚えやすいよう、英単語が難易度順に並んでいるのもポイントです。

TOEIC 文法問題 でる1000問

TOEICのPart5の文法問題が1049問掲載されている問題集です。

 

とにかく網羅性が高いのが特徴。

Part5の文法問題の正答率と解答スピードを上げるために使ってほしい問題集です。

TOEIC公式問題集

created by Rinker
国際ビジネスコミュニケーション協会

TOEICの実践演習をするのに特におすすめしたい問題集です。

テン
私もいろんな問題集を使ってきましたが、個人的には公式問題集が一番スコアアップに直結すると感じています。

 

「公式」というだけあって本番に近い難易度・形式の問題が掲載されています。

そのうえ、本番と同様のスピーカーが音声の収録を担当しているので、限りなく実践に近い形で問題演習できます。

 

現在、冊子・バージョンは1〜10まであり、10が最新です。

問題集としては価格が少し高いですが、本気でTOEICを勉強するなら最低1冊は持っておきたい問題集です。

TOEICを初めて受ける大学生が目指すべきスコア

TOEICを初めて受ける大学生が目指すべきスコアは「500点」です。

 

TOEICは難しいので、一回受けただけで600点以上(就活で使えるスコア)を取れる人は少ないです。

なので、まずは500点を目指しましょう。

 

ちなみに、「TOEIC Program DATA & ANALYSIS」によると、大学生の平均スコアは

  • IPテスト(団体受験)で合計474点
  • 公開テスト(個別受験)で合計588点

となっています。

TOEICはいつから受けるべき?

就活を意識するなら、TOEICは「大学2年生から」受け始めるべきです。

勉強自体は大学1年生の頃から始めましょう。

 

TOEICは難しいので、スコアアップには時間がかかります。

目標のスコアを取るためには計画的に勉強を進めていくことが大切です。

大学生におすすめのTOEIC学習サービス

ここからは、TOEICの学習効率を大幅に上げてくれる学習サービスを紹介します。

Santaアルク

Santa

 

SantaアルクはTOEIC対策をするなら必須級のアプリです。

Santaアルクがおすすめな理由は3つあります。

  1. 無料のレベルテストでスコアを診断できる
  2. AIがひとりひとりに合わせた学習カリキュラムを提案してくれる
  3. 無料プランでも講義・模試(30問)を受けられる

特に注目してほしいのが「①無料のレベルテストでスコアを診断できる」ことです。


たった12問のテストを受けるだけでスコア診断ができるので、定期的に自分のスコアを把握するのに非常に役立ちます。

しかも精度が95%と高いため、診断結果を信頼できるのもポイントです。

 

Santaアルクは、TOEICの勉強をするなら必ず使いたいアプリです。

 

\ スコア診断をしてみる! /
Santaアルク

スタディサプリENGLISH TOEICテスト対策


スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策は、本格的なTOEIC対策ができる学習ツールです。

スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策がおすすめな理由は3つあります。

  1. 20回分の実践問題を解ける
  2. 約580本に及ぶ関先生の英語講義でゼロからTOEIC対策ができる
  3. AIが「今解くべき問題を出題&苦手な部分を発見」してくれるので効率的に学習できる

スタディサプリ ENGLISH TOEICテスト対策は、本気でTOEIC対策するなら絶対に使うべき学習ツールです。

 

\ 7日間無料体験実施中! /
スタディサプリ ENGLISH

まとめ

TOEICを初めて受ける大学生に向けて、効率的な勉強法を解説しました。

ぜひ参考にしてください!

TOEICの攻略法を徹底的に解説した記事です。僕のTOEIC研究の全てを詰め込みました。効率的にスコアをアップさせたい人は必ずご覧ください。